環境基本方針、環境中期計画

Fundamental Environmental Policy and Environmental Mid-term Plans

当社グループは、事業活動、製品、サービスが地球環境に与える影響を考慮した環境保全に努め、継続的な改善を行います。

環境基本方針

近年、気候変動に関連する問題のみならず、ステークホルダーの環境に係る当社グループへのニーズや期待はますます大きくなっており、かつ多様化しています。当社グループは、このような状況を考慮した上で、脱炭素社会の実現や循環型社会への貢献は実践しなければならない社会的責任の一つであると考えています。

当社グループでは、環境面で果たすべき社会的責任を明確にし、持続可能な社会の実現に貢献するために、グループ全体における環境に対する取り組みの基本的な考え方を示した「環境基本方針」を制定しています。また、グループ全体における環境負荷の低減や環境汚染事故の未然防止を推進するための環境マネジメント体制を構築しています。

環境基本方針

  • 基本理念

    GS YUASAは、社員と企業の「革新と成長」を通じ、人と社会と地球環境に貢献します。「電池で培った先進のエネルギー技術」で脱炭素・循環型社会の形成に向け役割を果たし、持続可能な社会を実現します。

  • 行動指針

    1. 法令・要求事項順守

      環境事故の防止、法的要求事項の順守、化学物質使用リスク低減に努め、環境マネジメントシステムを継続的に改善し環境パフォーマンスの向上を目指します。

    2. 環境負荷低減

      地球温暖化を阻止するため温室効果ガス排出量と水使用量の削減を、サプライチェーン全体で行います。

    3. 資源有効活用

      循環型社会に貢献するため、製品ライフサイクル全体において、原材料削減、再生材活用、廃棄物減量など資源の使用量を最少化します。

    4. 環境配慮製品

      エネルギーの新たな形を未来に向け作り続けるため、脱炭素・循環型社会の形成に貢献できる製品を生産・開発します。

    5. 情報公開

      適切に環境情報をステークホルダーに開示し、積極的にコミュニケーションを行い社会との共生に努めます。

    6. 人材育成

      当社グループ全体で、脱炭素・循環型社会形成に向けた責任を果たせる企業を目指し、将来を担う人材を育成します。

環境中期計画

当社グループの環境基本方針に係る重点事項については、持続可能な社会の実現に貢献することを目的とした環境中期計画を策定し、その実施状況を管理しています。2019年度以降は、中期経営計画に環境目標を組み込むことによって、グループ全体の重要な経営課題に対応する事業戦略の1つとして推進しています。また、本計画の適用範囲を従前の国内4事業所から国内および国外の27事業所へと拡大しています。

第5次中期経営計画に係る主な環境目標(2019〜2021年度)

対象事業所:国内および海外の27事業所(国内:7事業所、海外:20事業所)

横スクロールで全体をご覧いただけます

項目目標値
(2021年度)
目標値
(2019年度)
実績値
(2019年度)
自己評価/課題
CO2排出量 6%以上削減
(2018年度比)
2%以上削減
(2018年度比)
2%削減 蓄電池充電工程や部品製造工程などの生産プロセスにおける省エネルギー活動により、目標を達成した。
今後も、業務効率を改善する活動を通じた温室効果ガス排出量の削減に取り組むことが重要である。
水使用量 8%以上削減
(2018年度比)
3%以上削減
(2018年度比)
2%削減 海外グループ会社は水使用量削減目標を達成しているが、国内事業所は水循環設備の不具合などにより未達成となった。
今後も、水の循環利用を促進する活動を継続的に実施する。
全製品の売上高に占める環境配慮製品の販売比率 35%以上 28%以上 34% 低燃費を実現するアイドリングストップ自動車や再生可能エネルギーを活用した発電システムを用途とした製品の売上増加によって、目標を達成した。
今後も、地球温暖化に関する市場ニーズに対応した製品を提供する活動を推進する。
鉛蓄電池の鉛原材料に占める再生鉛量の比率 35%以上 31%以上 42% 近年、海外グループ会社における再生鉛使用率が急速に向上したことにより、鉛蓄電池に使用する再生鉛量が当初の想定を大幅に上回った。
今後も、この水準を維持向上できるように努める。