サステナビリティ

Sustainability

トップメッセージ

写真:代表取締役 取締役社長

新たな価値を創造し続ける エネルギー・デバイス・カンパニーへ

日本で初めて鉛蓄電池の製造に成功し、世界で初めて電気自動車用リチウムイオンバッテリーを量産化した当社は、深海調査船、航空分野、宇宙衛星などの過酷な環境にも安定した性能を発揮する高い技術力を駆使して、次世代自動車分野、再生可能エネルギー分野、インフラ分野に貢献し、ステークホルダーの皆様のご期待に応えてきました。これらの活動は、社員と企業の「革新と成長」を通じ、人と社会と地球環境に貢献する当社の企業理念の実践の結果であると確信しています。

また、当社の企業理念を明確化したCSR方針・行動規範を2017年5月に社長方針として制定し、CSR方針と価値観を同じくする国連グローバルコンパクト(以下、UNGC)に2018年4月に署名しました。UNGCが企業に求める人権、労働、環境、腐敗防止の4分野10原則や国連が採択した持続可能な開発目標(SDGs :Sustainable Development Goals)および当社のCSR方針を実践するために、事業会社にCSR委員会を設置して、事業活動を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでいます。

社会や市場は、時代と共に変化し続けています。当社は、ステークホルダーの皆様のご期待に常に応えるように、長期ビジョンとして「新たな価値を創造し続けるエネルギー・デバイス・カンパニーへ」を掲げました。持続可能な社会の実現に貢献していく上で、エネルギー・デバイスに求められる役割は、今後ますます重要になります。これからも私たちは、さまざまなステークホルダーの声に真摯に耳を傾け、社会に求め続けられる新たな価値創造に挑戦していきます。

代表取締役
取締役社長

サイン:村尾 修

国連グローバル・コンパクトの10原則

< 人権 >
  • 原則1 人権擁護の支持と尊重
  • 原則2 人権侵害への非加担
< 労働 >
  • 原則3 結社の自由と団体交渉権の承認
  • 原則4 強制労働の排除
  • 原則5 児童労働の実効的な廃止
  • 原則6 雇用と職業の差別撤廃
< 環境 >
  • 原則7 環境問題の予防的アプローチ
  • 原則8 環境に対する責任のイニシアティブ
  • 原則9 環境にやさしい技術の開発と普及
< 腐敗防止 >
  • 原則10 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取り組み
マーク:WE SUPPORT

CSRの推進

取り組みの事例