CSR推進体制

CSR Structure

企業理念の実現を目指すことが、持続可能な社会に貢献し、
自らも長期的な事業活動を確保するCSR経営そのものであると考えています。

GSユアサグループのCSR

当社グループは、企業理念である「革新と成長」を実践することが、当社グループのCSRの根幹となるものと捉えています。旧来の習慣に縛られずに、新技術の開発や業務プロセスの刷新などを通じて「革新」を生み出し、その結果として、収益の拡大だけでなく、人と社会と地球環境に貢献することで、ともに持続的な「成長」を目指す姿がCSRであると考えています。本業を通じてグローバルな社会課題やステークホルダーのニーズ・期待にタイムリーに対応することで、社会から長期的な信頼を得て、将来にわたって存在を期待され続ける企業となることを目指しています。

企業理念、関連方針について詳しくはこちらをご覧ください

CSR推進体制

当社グループは、本業を通じたCSRへの取り組みを推進し、継続的な改善を図るために、組織的な体制を構築しています。グループ全体のCSR活動を統括するために、当社社長を「CSR推進最高責任者」とし、直属にCSR推進最高責任者が任命する「CSR担当役員」を置いています。また、グループ全体のCSR活動の協議、推進、立案を主導する「CSR委員会」は、CSR担当役員を委員長とし、事業部門やグループ会社などの責任者によるメンバーで構成されています。CSR方針を含む当社グループのCSR推進に係る重要事項については、CSR 委員会での協議を経て、取締役会および経営会議にて決議されます。

CSR推進体制

図:CSR推進体制

CSR推進プロセス

当社グループは、CSR推進計画に基づいたプロセスを構築して、事業活動を通じたCSRへの取り組みを推進しています。本プロセスでは、当社グループの不変の価値観を示した企業理念を基幹としたしくみを構築することによって、企業価値とステークホルダー満足度を向上させることを目指しています。

企業理念の実現に向けては、さまざまな意思決定を行う判断基準として経営方針とCSR方針を策定しています。また、CSR方針に係る主要なテーマについては、CSRへの取り組みに対する具体的な方向性や行動基準を明確にしたCSR行動規範や個別の方針を策定しています。

事業戦略プロセスでは、CSR方針の達成に向けた計画を組み込んでいます。ステークホルダーからの要請や期待および社会課題を考慮に入れた上で、社会および当社グループの経済的な成長と持続性を確保するための計画を策定しています。また、当該計画を達成するために、事業プロセスで運用している既存のマネジメントシステムを活用しています。運用プロセスにおけるパフォーマンスは、CSR担当役員を委員長とするCSR委員会で評価され、必要な見直しを行うことによって継続的な改善を図っています。

また、全社的なCSRを推進するために、当社グループのCSR方針を解説したマニュアル(CSRマニュアル)を全従業員に配布しています。CSRマニュアルは、従業員がCSR方針に関連する行動基準を認識するために、Q&Aやコラムを活用した主要テーマの解説、行動基準に適合した行動を実施しているかを自己評価するチェックリストなどで構成されています。海外グループ会社にはローカル社員が理解できる現地語(6言語)に翻訳したCSRマニュアルを配布し、国内外の全従業員がCSRの共通認識を共有することによって、当社グループのCSR推進の方向性を合わせ、事業活動を通じたCSRへの取り組みを目指しています。

CSR推進計画

横スクロールで全体をご覧いただけます

フェーズ計画期間目標
第一段階2016~2017年度事業戦略(第四次中期経営計画)に関連したCSR課題に対応するプロセスを構築
第二段階2018年度プロセスを運用してパフォーマンスを分析・評価、プロセスの改善
第三段階2019年度CSR課題を事業戦略(第五次中期経営計画)に取り込んだビジネスプロセスの確立
第四段階2019年度以降CSRを事業活動の各プロセスに組み込み、社会と事業の持続的な発展を実現

CSR推進プロセスの概要

図:CSR推進プロセスの概要

TOPICS

海外グループ会社におけるCSR推進活動

当社では、海外グループ会社におけるCSRへの取り組みを効果的に推進するために、CSRに関する教育を積極的に海外展開しています。

当社では、CSRに係る基礎的な用語や当社グループのCSR方針を分かりやすく解説したメールマガジン(以下、CSRメルマガ)を海外グループ会社に定期的に配信しています。各海外グループ会社では、ローカル社員が理解できる現地語(6言語)に翻訳されたCSRメルマガを活用して、CSRに関する教育を全従業員に実施しています。

なお、インドネシアに所在するPT. Yuasa Battery Indonesia (以下、YBID)やPT. Trimitra Baterai Prakasa (以下、TBP)では、従業員が各教育テーマについて対話形式で討議することで、CSRに対する認識を深める教育を実施しています。また、トルコに所在するInci GS Yuasa Aku Sanayi ve Ticaret Anonim Sirketi やベトナムに所在するGS Battery Vietnam Co., Ltd (以下、GSV) では、自社で制定した企業倫理規則についてもCSR教育の対象テーマとすることで、腐敗防止などに関するケーススタディを通じた企業倫理の浸透活動にも注力しています。

当社では、海外グループ会社を含む全従業員がCSRに対する当事者意識を持つ必要があると考えているため、今後もグループ全体におけるCSR教育を推進していきます。

CSR教育の実施風景(YBID)その1

CSR教育の実施風景(YBID)
(2018年度)

CSR教育の実施風景(TBP)その2

CSR教育の実施風景(TBP)
(2018年度)