企業理念の実現を目指すことが、持続可能な社会に貢献し、
自らも長期的な事業活動を確保するCSR経営そのものであると考えています。

GSユアサグループのCSR

当社グループは、企業理念である「革新と成長」を実践することが、当社グループのCSRの根幹となるものと捉えています。旧来の習慣にとらわれずに業務プロセスの刷新や新技術の開発など「革新」を生み出し、その結果として、収益の拡大や人と社会と地球環境に貢献することで、ともに持続的な「成長」を目指す姿がCSRであると考えています。グローバルな社会課題や利害関係者のニーズ・期待に本業を通じてタイムリーに対応することによって、社会から長期的な信頼を得て、将来にわたって存在を期待され続ける企業となることを目指しています。

企業理念、関連方針について詳しくはこちらをご覧ください

CSR推進体制

当社グループは、本業を通じたCSRへの取り組みを推進し、継続的な改善を図るために、組織的な体制を構築しています。国内外の関連会社を含むグループ全体のCSR活動を統括するために、当社取締役社長を「CSR推進最高責任者」とし、直属にCSR推進最高責任者が任命する「CSR担当役員」を置いています。また、グループ全体のCSR活動の協議、立案、推進を主導する「CSR委員会」は、CSR担当役員を委員長とし、事業部門やグループ会社などの責任者によるメンバーで構成されています。CSR委員会で決定した事項は、必要に応じて、当社取締役会に付議または報告を行って事業戦略に反映させています。

CSR推進体制

図:CSR推進体制

CSR推進に対する中長期的な取り組み

当社グループは、本業を通じたCSR活動を行うことを目的に、中長期的なCSR推進計画を次表のように策定しています。2019年度にはグローバルな社会課題や利害関係者のニーズ・期待を考慮に入れたCSR重要テーマを事業戦略に取り込む目標を設定しています。

フェーズ計画期間目標
第一段階2016〜2017年度事業戦略(第四次中期経営計画)に関連したCSR課題に対応するプロセスを構築
第二段階2018年度プロセスを運用してパフォーマンスを分析・評価、プロセスの改善
第三段階2019年度CSR課題を事業戦略(第五次中期経営計画)に取り込んだビジネスプロセスの確立