カテゴリ:IR

サンケン電気株式会社の社会システム事業の譲受に関するお知らせ

株式会社 ジーエス・ユアサ コーポレーションの連結子会社である株式会社 GSユアサ(本社:京都市南区、社長:村尾 修。以下、GSユアサ)は、サンケン電気株式会社(本社:埼玉県新座市、社長:和田 節。以下、サンケン電気)との間で、サンケン電気の社会システム事業(以下、対象事業)の譲受(以下、本事業譲受)に関して株式譲渡契約書を締結しました。

当社の産業電池電源事業を取り巻く市場環境は、IoTの普及によるデータセンターの新設・増設や国土強靭化政策による非常用電源の需要拡大が期待される一方で、競合企業の積極的な市場参入などを背景に競争が激化しており、今後もその激しさを増していくと予想されます。
このような環境の下、サンケン電気及びGSユアサグループが培ってきた技術力・開発力を融合させることにより、競争力の強化を図るとともに、持続的な成長を実現できると判断しました。

GSユアサはこれからも、サンケン電気の高い技術力と当社の強みを融合することで本件事業譲受のシナジー効果を着実に重ね、豊富な製品ラインアップと充実したサポート体制により、安心・安全な社会基盤の構築に貢献していきます。

1.事業譲受の目的
(1)両社が培ってきた技術力・開発力の融合による競争力強化
(2)既存分野における両社の弱点分野の補完
(3)電力バックアップ用途以外の新規市場に備えて体制強化

2.本事業譲受の概要
(1)対象事業の内容
 電源機器製品の開発、製造、販売、保守、点検、バッテリ交換等の作業及び修理、施工計画、搬入、据付、配線工事及び現地調整試験等
(2)対象事業の経営成績(2020年3月期)
 売上高  約125億円
(3)譲受価額
 約48億円
(4)本事業譲受の方法
 サンケン電気が営むパワーシステム事業のうち社会システム事業を吸収分割の方法により同社の子会社であるサンケン電設株式会社(以下、サンケン電設)に承継させた後に、当社がサンケン電設の全株式を譲受
(5)完了時期
 2021年4月1日を予定

3.相手先の概要 (2020年3月31日現在)
(1)名 称サンケン電気株式会社
(2)所 在 地埼玉県新座市北野三丁目6番3号
(3)代表者の役職・氏名代表取締役社長 和田 節
(4)事業内容半導体デバイス等の電子部品及び電源機器製品の開発・製造・販売等
(5)資 本 金20,896百万円
(6)設立年月日1946年9月5日
(7)発行済株式数25,098,060株
(8)決算期3月31日
4.日程
 2020年8月4日:株式譲渡契約書締結
 2021年4月1日:本事業譲受日(予定)
(注)関係当局の認可状況等の事情によっては、本事業譲受日が変更される可能性があります。

※横にスクロールして、
表の続きをご覧いただけます。

[この件に関するお問い合わせ先]
株式会社 ジーエス・ユアサ コーポレーション
コーポレート室(広報)  TEL 075−312−1214

PDFファイルの閲覧について

PDFファイルの閲覧や印刷には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、Adobe Systems社のWebサイトよりダウンロードして下さい。