カテゴリ:製品情報

GSユアサの道路照明用LEDランプ「LEGA:LAMP-R」が2019年度省エネ大賞において『資源エネルギー庁長官賞(節電分野)』を受賞

株式会社 GSユアサ (社長:村尾 修、本社:京都市南区) は、一般財団法人 省エネルギーセンター主催の省エネ大賞において、道路照明用LEDランプ「LEGA:LAMP-R」が<製品・ビジネスモデル部門>『資源エネルギー庁長官賞(節電分野)』を受賞しました。

【受賞の概要】

<製品・ビジネスモデル部門>資源エネルギー庁長官賞(節電分野)

1. 応募テーマ名:道路照明用LEDランプ「LEGA:LAMP-R」

2. 概要:
「LEGA:LAMP-R」は道路照明に要求される国が定めた各種基準を充足した業界初のLEDランプです。
これまで、LED化の際には照明器具ごと交換するのが主流でした。当社では、既設の道路照明器具を流用しながら、@大光量 A長寿命 B 明るさ・ムラ・眩しさなど厳格な基準をクリアし、既設器具やポールにそのまま利用可能な製品の開発に成功したことで、安価で手軽なLED化を可能としました。また、従来のランプと同じ交換手順で、高圧ナトリウムランプ等の省エネ型ランプ比50%以上のさらなる消費電力の削減が可能となり、既設照明器具を再利用することで交換時の廃棄物削減にもつながる製品です。

3. 受賞ポイント:
・「LEGA:LAMP-R」は国内の道路照明における各種基準・規格に対応した業界初のLEDランプであること 。
・経済性に優れ、定格寿命60,000時間(光束維持率80%)という長寿命を実現したこと。
・既設の道路照明器具を流用することで、照明器具は廃棄抑制され、3R推進に貢献が期待されること。
(「LEGA:LAMP-R」の製品詳細はこちら:https://lighting.gs-yuasa.com/lp/lega_lamp-r/)

平成13年度(2001年)には、高演色・長寿命・高効率のGSセラミックメタルハライドランプ「エコセラ」で省エネ大賞「経済産業大臣賞」を受賞し、今回で2回目の受賞となります。

当社は、温暖化に伴う気候変動が社会にとっての重要な課題のひとつであると認識し、今後も当社の省エネ技術を用いた照明を提案することにより、社会全体の温室効果ガス排出量の削減に貢献するべく取り組んでまいります。

※省エネ大賞について
省エネ大賞は、国内において省エネを推進している事業者および優れた省エネ性の製品やビジネスモデルを開発した事業者の活動を発表大会で広く共有するとともに、その中でも優れた取り組みを行っている事業者を表彰することにより、省エネ意識の浸透、省エネ製品の普及促進、省エネ産業の発展および省エネ型社会の構築に寄与することを目的としています。

【写真】

■1. 道路照明用LEDランプ「LEGA:LAMP-R」

■2. エンブレム

■3. 1月29日に開催された表彰式の様子(GSユアサ 村尾社長)

[この件に関するお客様からのお問い合わせ先]
 株式会社 GSユアサ 産業電池電源事業部 ライティング本部
 TEL 03−5402−5721
[この件に関する報道機関からのお問い合わせ先]
 株式会社 GSユアサ 広報・IR室

PDFファイルの閲覧について

PDFファイルの閲覧や印刷には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、Adobe Systems社のWebサイトよりダウンロードして下さい。