カテゴリ:製品情報

GSユアサ、宇宙用リチウムイオン電池の開発で米国ボーイング社から最優秀サプライヤー賞を受賞

GSユアサグループの株式会社 ジーエス・ユアサ テクノロジー(社長:加藤 泰一郎、本社:京都府福知山市。以下、GYT)とGS Yuasa Lithium Power(社長:Curtis Aldrich、本社:米国ジョージア州。以下、GYLP)は、米国The Boeing Company(本社:米国イリノイ州。以下、ボーイング社)から、イノベーションのカテゴリで2018年最優秀サプライヤー賞を受賞しました。

GYT製の宇宙用リチウムイオン電池は、2000年代初頭に軌道上での宇宙実証が行われて以降、これまで国内・海外の多くの宇宙機に搭載されてきました※1。それらの実績や開発力、さらにGYLPが行ってきたボーイング社への技術サポートや対応力が、ボーイング社の人工衛星の性能向上や次世代製品の開発に大きく貢献していると評価され、今回の受賞となりました。今後、ボーイング社と締結した長期契約※2に基づいて、GYT製の宇宙用リチウムイオン電池がボーイング社の静止軌道衛星から低・中軌道衛星に至るまで、さまざまな人工衛星に搭載されます。

GYTは特殊用途の電池や電源を開発・製造販売しており、海・陸・空(水深6,500mの深海から、上空36,000kmの宇宙空間まで)の特殊環境フィールドで、高性能かつ高品質な電池をお届けしています。
今後も高性能リチウムイオン電池の開発・製造を通じて、宇宙開発事業へ貢献してまいります。

※1 国際宇宙ステーションをはじめ、各種人工衛星など180機以上(2018年9月時点)
※2 米国での販売を担当するGYLPがボーイング社と2016年に締結

■1.「2019年ボーイング・グローバル・サプライヤー会議」での授賞式の様子

GYT加藤社長(左から4人目)、GYLPのMoll会長(中央)と Aldrich社長(右から4人目)

■2.GYT製の宇宙用リチウムイオン電池(セル)

■GYTおよびGYLPの概要

[この件に関するお客様からのお問い合わせ先]
株式会社 ジーエス・ユアサ テクノロジー 営業部  TEL 03−5402−5867
[この件に関する報道関係からのお問い合わせ先]
株式会社 GSユアサ 広報・IR室       TEL 075−312−1214

PDFファイルの閲覧について

PDFファイルの閲覧や印刷には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、Adobe Systems社のWebサイトよりダウンロードして下さい。