カテゴリ:企業活動

内閣府の第2回宇宙開発利用大賞「経済産業大臣賞」を受賞
〜リチウムイオン電池による人工衛星電源の小型・軽量・長寿命化〜

GSユアサグループの株式会社 ジーエス・ユアサ テクノロジー(社長:関口 昌秀、本社:京都府福知山市。以下、GYT)は、内閣府主催の第2回宇宙開発利用大賞において、「経済産業大臣賞」を受賞しました。

今回の受賞では、世界に先駆けて人工衛星用のリチウムイオン電池を開発し、人工衛星の打ち上げコストの大幅な低減と運用年数の飛躍的な向上に貢献したこと、今日までに100機以上の衛星への搭載実績があることなどが評価されました。

GYTは特殊用途の電池や電源を開発・製造販売しており、海・陸・空(水深6,500mの深海から、上空36,000kmの宇宙空間まで)の特殊環境フィールドで、高性能かつ高品質な電池をお届けしています。

今後も高性能リチウムイオン電池の開発・製造を通じて宇宙開発事業へ貢献してまいります。

【事例名】

 『リチウムイオン電池による人工衛星電源の小型・軽量・長寿命化』

【受賞者】

 株式会社 ジーエス・ユアサ テクノロジー 特殊・リチウム電池本部 大型リチウムイオン技術グループ

  今村 文隆  担当課長 

  岩本 達也  担当課長

  瀬川 全澄  担当課長

※宇宙開発利用大賞とは

宇宙開発利用の推進において大きな成果を収める、先導的な取り組みを行うなど、宇宙開発利用の推進に多大な貢献をした優れた成功事例に関し、その功績をたたえることにより、我が国の宇宙開発利用の更なる進展や宇宙開発利用に対する国民の認識と理解の醸成に寄与することを目的とする表彰制度です。

『リチウムイオン電池による人工衛星電源の小型・軽量・長寿命化』の詳細

[この件に関するお客様からのお問い合わせ先]
株式会社 ジーエス・ユアサ テクノロジー 営業部 TEL 03-5402-5867
[この件に関する報道関係からのお問い合わせ先]
株式会社 GSユアサ 広報・IR室 TEL 075-312-1214

PDFファイルの閲覧について

PDFファイルの閲覧や印刷には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、Adobe Systems社のWebサイトよりダウンロードして下さい。