カテゴリ:製品情報

GSユアサのリチウムイオン電池を搭載した港湾AGVが稼働開始
〜世界最大の自動化埠頭 上海洋山深水港に貢献〜

株式会社 GSユアサ(社長:村尾 修、本社:京都市南区。以下GSユアサ)が上海振華重工(英文社名:Shanghai Zhenhua Heavy Industries Co., Ltd. 本社:中国・上海。以下、ZPMC )殿に納入した港湾AGV(無人搬送車)駆動用リチウムイオン電池システムが、中華人民共和国上海市の洋山深水港にて、ZPMC製港湾AGV50台に搭載され、2017年12月から稼働しています。

 

この港湾AGVはコンテナを無人で搬送することができるため、港湾物流拠点の効率化に貢献します。また、GSユアサのリチウムイオン電池を動力源とする電動車両であり、走行中は排気ガスが発生しないため、CO2排出抑制効果も期待できます。

同港は引き続き港湾物流システムの自動化を推進する計画で、今後さらにAGV30台分の当社製リチウムイオン電池システムを導入する予定です。

GSユアサはこれからも、グローバル市場において産業用リチウムイオン電池の用途拡大を図り、省エネルギー社会に貢献してまいります。

ZPMC社製AGVに採用されたリチウムイオン電池の仕様

モジュール品名LIM50EN-12
公称電圧(V)44.4
公称容量(Ah)50(2,200Wh)
構成15直列 10並列

※横にスクロールして、
表の続きをご覧いただけます。

■港湾AGV外観

■リチウムイオン電池モジュールLIM50EN-12

PDFファイルの閲覧について

PDFファイルの閲覧や印刷には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、Adobe Systems社のWebサイトよりダウンロードして下さい。