当社グループは、企業理念である「人と社会と地球環境に貢献します」を実現するためには、すべての人の人権が尊重されることが不可欠だと考えています。

公正な選考および機会の提供

当社グループでは能力、パフォーマンスに基づく公正な選考、評価、育成を実施しており、採用、人事評価その他の人事処遇等において差別を禁止し、人種、性別、性的マイノリティ、国籍、出身国、障がい、宗教もしくは政治的見解を問わず、多様性を尊重しています。一方で、法定就業年齢に満たない者や就労資格のない者を雇用することのないよう必要な確認を行っています。

労使一体での「働きやすい環境づくり」

当社国内グループではユニオンショップ制を採用し、原則として管理職以外の正規従業員は、すべて労働組合に加入しています。また、当社国内グループでは、社員の労働条件や福利厚生をはじめ、当社国内グループの経営施策について、労働組合の提言と活発な議論により、相互理解を深めながら事業を進め、労使関係により、企業運営の客観性や透明性とともに諸施策の実効性を高めています。

GSユアサの労使協議体制

労使協議体の名称開催頻度内容
経営協議会年4回会社の経営方針、経営状況、事業執行状況等に関する協議
部門委員会月1回研究開発部門および事業部門ごとの課題に関する協議
工場委員会月1回生産部門の課題に関する協議
安全衛生委員会(法定) 月1回労働災害防止の取り組みに関する協議
労働時間専門委員会月1回労働時間の状況確認および改善に関する協議
次世代専門委員会年2回育児および介護支援制度に関する協議
TOPICS

会社と労働組合の交流 (「GSユアサ労働組合10周年行事」・「納涼祭」)

2017年4月15日、京都市勧業館「みやこめっせ」において「組合結成10周年フェスティバル」が開催され、従業員家族を含め800名超が来場し、従業員同士の交流が持てるイベントとなりました。

また、東京支社では毎年8月に共済会行事の一環として納涼祭を開催しており、従業員の親睦を深めています。

写真:労組10周年村尾社長挨拶

写真:労組10周年集合写真

写真:東京支社納涼祭

TOPICS

天津杰士電池有限公司での取り組み

中国・東南アジア等の海外グループ会社では、労使で参加する社員旅行、運動会が開催され、交流を深めています。

天津杰士電池有限公司では、労使関係が良好な会社の模範として、天津市より毎年表彰を受けています。

写真:天津杰士電池有限公司

写真:天津杰士電池有限公司

強制労働や児童労働などに対する基本的なルール

当社グループは、日本国内はもちろんのこと、海外グループ会社においても、強制労働や児童労働などに対する下記の基本ルールを展開しております。なお、取引先様において強制労働、児童労働の事実が発覚した場合にはただちに是正に向けたアクションを実施します。

強制労働、児童労働の禁止
私たちは、強制労働を行わず、法定就業年齢に満たない児童を労働させません。また、いかなる形であれ強制労働、児童労働に加担しません。
人権侵害への加担の回避
私たちは、間接的であっても人権侵害に加担しません。

英国現代奴隷法への対応

当社グループは、各国、各地域の法令、ルールを遵守し、透明な事業活動の一つとして、2015年10月からの英国現代奴隷法の施行にも対応しております。英国にある事業子会社「GS Yuasa Battery Europe Limited(GYEUR)」では、現代奴隷に対するステートメントを企業ホームページ上で開示しております。今後も引き続きリスク有無について調査を実施し、その結果を踏まえ、定期的にステートメントの更新を行っていきます。

GYEURの現代奴隷に対するステートメントはこちら(GYEURの英文サイトへリンクします)