カテゴリ:製品情報

JR福島駅「エコステ」向け リチウムイオン蓄電システムを納入 
〜 地産地消型再生可能エネルギーの普及に貢献 〜

株式会社 GSユアサ(社長:村尾 修、本社:京都市南区。以下、GSユアサ)は、東日本旅客鉄道株式会社(社長:冨田 哲郎、本社:東京都渋谷区。以下、JR東日本)殿が、省エネルギー・再生可能エネルギーなど、さまざまな環境保全技術を導入する取り組み「エコステ※1」のモデル駅として運用開始しているJR福島駅に、約500kWhのリチウムイオン電池と太陽光発電用の防災対応型パワーコンディショナ2セットを納入しました。

JR福島駅では、三菱電機株式会社(社長:柵山 正樹、本社:東京都千代田区)殿が納入した電力供給システムにより、駅で消費する電力の23%を太陽光などの自家発電でまかなうことができます。そして、リチウムイオン電池を導入することにより、災害などによる停電時でも最大12時間非常用負荷へ電力供給することが可能となり、JR福島駅を防災拠点として活用いただけます。

今回GSユアサが納入したリチウムイオン蓄電システムには、スマートグリッドや電力貯蔵などをターゲットとして商品化したリチウムイオン電池モジュール「LIM50E−12G」を採用しており、複数のモジュールを組み合わせることにより、電圧や蓄電池容量を容易にカスタマイズすることができます。

GSユアサグループはパワーコンディショナやリチウムイオン電池の普及により、防災拠点の拡大に貢献し、安心・安全な生活環境づくりに寄与するとともに、環境負荷の低減に貢献してまいります。

※1: JR東日本殿が取り組む、省エネルギー、再生可能エネルギーなど、さまざまな環境保全技術を駅に導入する計画のこと。

リチウムイオン蓄電システムの特長

@ 複数のモジュールを直列または並列に組み合わせることにより、電圧や蓄電池容量を容易にカスタマイズでき、大規模な蓄電システムの構築が可能。

A 1バンク※2ごとの独立制御により、システムを停止せずにメンテナンスが可能。

B 標準装備した電池管理装置により、リチウムイオン電池の全セル電圧、全モジュール温度および全ユニット電流を常時監視するとともに、パワーコンディショナや監視・制御システムへの出力が可能。

C セル性能やユニット間の抵抗のばらつきが少ないため、蓄電システムとしての性能を最大限に発揮。

※2: 所定の蓄電システム電圧を得るために、複数のリチウムイオン電池モジュールを直列に接続した1つの群のこと

リチウムイオン電池とパワーコンディショナの概要・写真

■リチウムイオン蓄電システム(軽量型太陽光パネル※3用)

※3: 一般的な太陽光パネルに比べて軽量なため、建物への重量負担が少なく設置コストの低い太陽光パネル

■リチウムイオン電池付 防災対応型パワーコンディショナ(有機薄膜太陽電池※4用)

※4: 超軽量で光を通し、複層ガラスによる断熱効果もある先進的な太陽光パネル

■リチウムイオン電池付 防災対応型パワーコンディショナ(従来型太陽光パネル※5用)

※5: 発電能力に優れ、耐候性・耐蝕性も備えた信頼性の高い太陽光パネル

[この件に関するお客様からのお問い合わせ先]
株式会社 GSユアサ 産業電池電源事業部 新エネルギー推進本部
TEL 03−5402−5827
[この件に関する報道関係からのお問い合わせ先]
株式会社 GSユアサ 広報・IR室
TEL 075−312−1214

PDFファイルの閲覧について

PDFファイルの閲覧や印刷には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、Adobe Systems社のWebサイトよりダウンロードして下さい。