puestion4 市場の動向は?

Answer1

自動車需要は新興国を中心に
世界規模で市場拡大が継続しています。

世界の自動車市場は拡大を続けています。国際自動車工業会(OICA)によれば、2016年の自動車販売台数は前年比4.7%増の9,386万台、生産台数は同4.5%増の9,498万台に上ります。最大市場は世界の新車販売台数の3分の1を占める中国で、今後は東南アジアやアフリカ、インド、ブラジルなどの新興国でも需要の拡大が予想されます。2020年代前半には世界の新車販売台数が1億台を突破すると言われており、世界規模でこれからも市場成長が見込まれます。

世界の自動車需要推移と見通し
Answer2

環境規制の強化と
電動車両普及促進政策により
車載用リチウムイオン電池の
需要増大
が期待されます。

地球温暖化や大気汚染、資源枯渇などの環境問題を背景に、自動車に関する環境規制は、当社も生産拠点を置く中国をはじめとし、アメリカ、欧州など、世界の自動車販売の大半を占める国と地域で、年々強化されています。また、環境規制に加え、EV(電気自動車)やHEV(ハイブリット電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリット電気自動車)などを含む「電動車両」の普及を後押しする補助金の支給などの政策も、各国で活発化しています。自動車の「電動車両化」が進むことから、車載用リチウムイオン電池の需要は今後ますます拡大していくことが期待されます。

Answer3

家庭用を含む、社会インフラ再生エネルギー
蓄電池の需要も拡大しました。

地球温暖化による気候変動や、化石資源の枯渇問題への対策として、太陽光や風力など再生可能な自然エネルギーを利用した発電に注目が集まっていますが、天候などの影響により出力が変動する自然エネルギーを有効活用するためには、蓄電システムがかかせません。また蓄電システムは、洪水や地震などの大規模な自然災害の発生時におけるバックアップ電源としても重要性を増しており、活躍シーンはますます広がっています。

インフラ向け需要
ページの一番上へ
デトロイト号復活プロジェクト
GSユアサの電池をめぐる物語
バーチャルミュージアム
GSユアサ太陽光発電システム