カテゴリ:製品情報

西日本旅客鉄道株式会社殿に1000kWの回生電力貯蔵装置を納入
〜リチウムイオン電池搭載システムで電車の回生電力を有効活用〜

株式会社 GSユアサ(社長:村尾 修、本社:京都市南区。以下、GSユアサ)は西日本旅客鉄道株式会社(社長:来島 達夫、本社:大阪市北区)殿に1000kW出力の回生電力貯蔵装置E3Solution System<イースリー ソリューション システム>を納入しました。本装置はコンバータとリチウムイオン電池を1ユニットとして構成しており、最大1000kWの電力を充放電するシステムです。

E3Solution Systemは、東海道本線(琵琶湖線)の野洲き電区分所に設置され、3月5日に運用を開始しました。本システムは、電車の減速時に発生する回生電力をコンバータを介してリチウムイオン電池に充電し、電車の力行時にリチウムイオン電池から電力を供給します。

これにより電力の有効活用が可能となり、環境負荷の低減を実現できます。また、本システムは架線電圧を安定させる機能も担っており、電車の安定輸送にも寄与します。

GSユアサの産業用リチウムイオン電池は航空・宇宙などの特殊用途、無人搬送車や電力貯蔵システムなどの用途ですでに実用化されています。これからも、グローバル市場において産業用リチウムイオン電池の用途拡大を図り、省エネルギー社会に貢献してまいります。

【E3Solution Systemの仕様】

項目内容備考
定格容量(kW) 1000 1000kW×1ユニット
最大充放電電流(A) 660 架線側直流1500V
モジュール品名 LIM25H-8 8セルモジュール
蓄電池数量(セル) 832 26モジュール直列×4並列

※横にスクロールして、
表の続きをご覧いただけます。

■回生電力貯蔵装置 E3Solution Systemの外観

[この件に関するお客様からのお問い合わせ先]
 株式会社 GSユアサ 
 産業電池電源事業部 電源システム販売本部 関西第二営業部 新エネルギー販売グループ
 TEL 06−6344−1602
[この件に関する報道関係からのお問い合わせ先]
 株式会社 GSユアサ 広報・IR室  
 TEL 075−312−1214

PDFファイルの閲覧について

PDFファイルの閲覧や印刷には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、Adobe Systems社のWebサイトよりダウンロードして下さい。