カテゴリ:製品情報

大山観光電鉄殿の新型車両にリチウムイオン電池システムを納入
〜景観重視型架線レスケーブルカーに貢献〜

株式会社 GSユアサ(社長:村尾 修、本社:京都市南区。以下、GSユアサ)は、大山観光電鉄株式会社(社長:堀 康紀、本社:神奈川県伊勢原市。以下、大山観光電鉄)殿がリニューアルした大山ケーブルカーの新型車両にリチウムイオン電池システムを納入しました。これにより、架線レスとなったケーブルカーは2015年10月1日より営業運行を開始しています。

大山観光電鉄殿が運営する大山ケーブルカーは、全長約800m、標高差約280mを片道約6分間で運行しています。車内からは眼下に相模湾が一望でき、大山の自然を堪能することができます。大山ケーブルカーが開業50周年を迎えるにあたり「大山の特色ある眺望・景観を取り込んだ展望車両」をコンセプトに、50年ぶりに車両がリニューアルされました。

これまでの車両では、照明や放送装置など、車内で使用される電力は架線より供給されていましたが、新型車両ではGSユアサのリチウムイオン電池がその電力を供給します。これにより、架線の撤去が可能となり、ケーブルカーからの眺望をよりお楽しみいただけるようになりました。

車両に搭載されたリチウムイオン電池は、ケーブルカーが停車中に各駅に設けられた架線から充電されます。

今後もGSユアサは、最先端エネルギー技術を通じて、快適で豊かな社会の実現を目指してまいります。

リチウムイオン電池システムの概要
モジュール形式 LIM50E-7G1-C1 (7セルモジュール)
構成 2モジュール×2編成 (28セル)
充電器型式 TWT24-2×10
定格出力 28.7V 20A

※横にスクロールして、
表の続きをご覧いただけます。

■大山ケーブルカーの新型車両

■リチウムイオン電池モジュール

[この件に関するお客様からのお問い合わせ先]
株式会社 GSユアサ 産業電池電源事業部 電源システム販売本部 関西第一営業部 第二グループ
TEL 06-6344-6532
[この件に関する報道関係からのお問い合わせ先]
株式会社 GSユアサ 広報・IR室
TEL 075-312-1214

PDFファイルの閲覧について

PDFファイルの閲覧や印刷には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、Adobe Systems社のWebサイトよりダウンロードして下さい。