コーポレート・ガバナンス体制の概要

当社は、機関設計として監査役会設置会社を選択しています。これに加え、当社のグループ体制に適した内部監査制度などを採用することにより、コーポレート・ガバナンス体制を構築しています。また、純粋持株会社である当社と中核事業子会社である(株)GSユアサの機能分担を図り、(株)GSユアサをグループにおける事業執行の意思決定機関の中心とすることで機動性の向上を図る一方で、当社はグループ事業全体の経営戦略の策定、統括および監督に重点化することで、経営体制の充実や強化を図るとともに、経営の透明性や効率性を向上させています。その概要は、以下のとおりです。

当社取締役会は、経営から独立した社外取締役2名を含む取締役7名で構成され、原則として月1回開催しています。また、必要に応じて臨時に開催あるいは書面による決議もしくは報告を行っています。社外取締役が取締役会において充分なモニタリング機能が発揮できるよう複数の社外取締役を選任しています。また、社外取締役に対し、取締役会事務局や秘書部門などが中心となってサポートを行うほか、重要案件については、必要に応じて個別に該当部門より事前説明を行うこととしています。なお、取締役の経営責任を一層明確にし、株主総会における株主の信任の機会を増やすため、取締役の任期を2年から1年に短縮しています。

当社グループの中長期戦略を当社取締役会において一元的に決定し、これに基づき(株)GSユアサを中心として各社各部門が重点実施課題を設定し実行することにより当社グループにおける意思決定の迅速化及び効率化を実現しています。さらに、当社のグループ経営に関する様々なリスクの管理、推進と必要な情報の共有化を図るため、グループリスク管理委員会を年2回開催しています。

監査役会は、経営から独立した社外監査役3名を含む監査役4名で構成され、原則として月1回開催しています。また、監査役は、取締役会のほか、グループリスク管理委員会や、その他重要な会議に出席し、意見及び提言を行うとともに、監査方針及び職務の分担などに従い、取締役及び使用人などからの職務の執行状況聴取、重要な決裁書及び決議書類などの閲覧、財産の状況の調査、重要な会議における取締役及び使用人などからの事業概況やリスク管理状況などの報告などにより適正な監査を実施し、経営に対するモニタリング機能を果たしています。さらに、会計監査人及び内部監査部門と緊密な連携を図り、それぞれの管理機能の強化を図っています。

こうした取り組みにより、当社のコーポレート・ガバナンスは充分に機能するものと考え、現状の体制を採用しています。

コーポレート・ガバナンス体制図

PDFファイルの閲覧について

PDFファイルの閲覧や印刷には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、Adobe Systems社のWebサイトよりダウンロードして下さい。