マテリアリティ(ビジネスにおけるCSRの重要課題)

当社グループは、事業戦略にCSR課題を反映させるために、事業への影響度と事業活動が社会に与える影響度を分析・評価した上で、取り組む必要があるマテリアリティを明確にしています。

次に、今年度実施したマテリアリティ特定プロセスと特定結果について説明します。

特定プロセス

ステップ1:CSRのリスクおよび機会の抽出

中期経営計画の個々の重要課題に対して、当該課題の達成を阻害するCSRリスクや当該課題の達成を推進するCSR機会を抽出しています。CSRのリスクおよび機会を抽出する際には、CSRに関連する国際的なガイドラインを参考にしています。

ステップ2:重要なCSRのリスクおよび機会の特定

ステップ1で特定したCSRのリスクおよび機会の大きさを、事業への影響度(発生の可能性×事業影響の大きさ)を考慮したスコアリング評価により、事業上の重点課題となるリスクおよび機会を特定しています。

次に、事業上の重点課題となるリスクおよび機会に対して、GSユアサの事業活動が社会に与える影響を、CSRテーマの関連数や社会的重要度から評価して、CSRの重点領域となるリスクおよび機会を特定しています。

CSRの重点領域マトリクス

図:CSRの重点領域マトリクス<

ステップ3:マテリアリティの特定

ステップ2で特定した重要なCSRのリスクおよび機会を整理し、当該リスク・機会への対応方法を考慮した上で、マテリアリティを特定しています。

特定結果

CSR方針マテリアリティ
1. 公正、透明かつ健全な事業活動の推進と腐敗の防止CSR・コンプライアンスの徹底
機密情報の管理の徹底
知的財産の保護
2. 人権の尊重人格の尊重
3. 適正な労働環境の維持・保全労働環境・労働安全衛生の向上
人材開発の推進
4. 安全、安心な製品、サービスを提供する責任の遂行高品質な製品の提供
5. 地球環境の保全環境保護の推進
環境配慮製品の開発と普及
7. サプライチェーンにおける社会的責任活動の推進CSR調達の推進

今後、特定したマテリアリティに対する活動計画やKPI(評価指標)を策定し、PDCAサイクルによる改善を図っていきます。

また、マテリアリティとSDGsの関連性を明確にしていきます。

SDGs (Sustainable Development Goalsの略であり、和訳では持続可能な開発目標を指す)