紫外線(UV)の基礎知識

紫外線とは

近年、光エネルギーによって物性的変化を起こす感光性樹脂が次々と開発され、印刷インキ・塗料・接着剤、あるいは機能性樹脂等の硬化への応用が急速に進んできています。これに伴い紫外線を利用した技術が、幅広く様々な分野に広がってきています。UV照射装置は、被照射物の種類、印刷および塗工の条件等により照射方式や照射条件が全く異なります。

紫外線(UV)とは?

紫外線は電磁波(光)の一種であり、一般的に100〜400nm(*)の範囲の電磁波に対しての総称です。このうち100〜200nmの範囲を遠紫外線、200〜400nmの範囲を近紫外線と呼びます。紫外線を通称UVと表現しますが、これはUltraviolet raysを略したものです。

●電磁波と波長帯域

電磁波と波長帯域

●紫外線の分類は前述の分類以外にもあります。(下表参照)

(*)1nm=1×10-9m
分類Ⅰ 名称 遠紫外線 近紫外線
波長 100〜200nm 200〜400nm
分類Ⅱ 名称 UV-C UV-B UV-A
波長 280nm以下 315〜280nm 315〜400nm
分類Ⅲ 名称 i線 h線 g線
波長 365nm 405nm 436nm

“ひかり”はこんなに“はたらきもの”

光エネルギー(特に紫外線)によって硬化するUVインキ・UV塗料などの開発によって、
“ひかり”はどんどんはたらきものになりました。

“ひかり”はこんなに“はたらきもの”

© 2015 GS Yuasa International Ltd. All Rights Reserved.